「山本真也のキネマ句報」1本目

JOKER

『JOKER』(2019)
監督/トッド・フィリップス
出演/ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ

荒木飛呂彦は、ディオが描きたくてジョジョを始めたという。バットマン映画を思い返しても、マイケル・キートンよりジャック・ニコルソン、クリスチャン・ベールよりヒース・レジャーの方が印象深い。
さて、この作品。日本で言えば、ピッコロ大魔王で格差問題や社会の不寛容を扱うようなものである。これをアメコミでやれるところに、アメリカの底力と、そして根深さがある。いや、沈潜してしまう分、我が国の方がもっと深刻かもしれない。
ともあれ、こんなに暗い話なのに、絵が美しく、カタルシスもあって、紛れもなくエンターテイメントであった。

ヒーローにヴィラン新茶に花林糖

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です